忍者ブログ
2017.10
Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
川崎北部民族。 川崎市宮前区出身。 宮前区は東京近郊のベッドタウン。 そんな土地で地元になんの愛着もなく育つが、川崎フロンターレの活躍により川崎市民としてのアイデンティティを獲得。 口癖は「川崎市民で良かったよ」。 現在は仕事の都合で千葉県在住。 週末を等々力で過ごす。
MASTER | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





山形0-1川崎




残留争いのライバルを直接叩けた事がデカイ

というより
山形っていう残留のノウハウを持ったチームとの対戦が
ホントのシーズン終盤でじゃなかったって事がとにかくデカイ


正直この試合で勝つのは相当難しいだろうなと思ってた

実際試合序盤は山形にゲームを支配されてたし
川崎の選手たちはここ数試合と同様に
自信を失ってると思われるプレーをしていた

特に杉山とDF陣の連携は相変わらず不安だったし
山形のボール回しに
「山形ってこんなにボール回せるチームだっけ・・・」
とやっぱり厳しいゲームになると思った

だけどゲームが進むにつれてその印象は変わっていく
どうも山形が攻めども攻めども点が入らない流れに
慣れてないようでポセッションで圧倒しながら
効果的なフィニッシュに結びつけることが出来ず
逆に川崎は相手の隙を突く攻めが効果を上げ始める

その流れは早い段階での山瀬投入でさらに加速した


勝因は
リトリートして1-0で勝つサッカーをした事と
山形がボールを持たされるサッカーに慣れてなかった事

しかし川崎が相手にボールを持たせるサッカーをしたところで
相手が強い、もしくはうまくいってるチームだったら
やっぱりそうそう勝てるもんじゃない
今のチーム状態なら特にそう

山形も相当うまくいってないのだ


本来リトリートして守備から入るチームに
人数をかけて攻めさせるサッカーがうまくいった
相手に普段とは真逆のサッカーをさせることで
相手陣内にスペースがうまれ
川崎は効果的に攻めることが出来た


ともあれここで勝てて本当に良かった
勝ち方を思い出す前にシーズンが終わってしまう事だって
充分に考えられたからだ


よく言われるセリフだが1勝するのは本当に大変
勝つというのは本当に大変な作業なんだなと
実感したゲーム


ただ川崎の残留に向けた戦いはここからが本番
8連敗してたチームがここから急に勝ち始めるほど
フットボールは甘くない

まだ勝ち点33
残留には少なくとも40は欲しい


ただサポーターは「勝ったけど・・・」とか言ってないで
こういう時は素直に喜んだほうがいい


ここで勝ちの味を思い出したのは
残留争いにおいて大きなアドバンテージになる
そう考えて間違いはないはずだ





 1206682440.gif


 
 
 
 
 
   
 






 
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[12/18 青黒の心意気]
[11/20 カミオダ7]
[11/20 青黒い稲妻]
[10/16 カミオダ7]
[10/16 みん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
カミオ・ダ・セブン
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
HNカミオ・ダ・セブン
♀♂男性
カミオ・ダ・セブン WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ |  [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.